榛名神社

群馬のパワースポット、榛名神社

群馬県で有名な観光地、伊香保温泉の近くに榛名神社はあります。
榛名神社のすごいところは、本殿にたどり着くまでに文化財がたくさんあるところです。
巨岩、奇岩、木立、滝、とたくさんのものに囲まれていて、榛名神社のある巌山全体が不思議な空気に包まれた場所となっています。

最近では、神社が願いを叶えてくれる強いパワーを持った場所としても有名です。
そのため、多くの人が足を運んでいます。

榛名山の中腹に榛名神社はあります。
今から1500年近く昔、31代用明天皇の時代に建てられたと言われている、由緒正しい神社です。
榛名神社という名前は927年にできた「延喜式神名帳」という全国にある神社の名前を記録した書物に記載があります。

神社は本殿はもちろんですが、それ以外にも国祖社・額殿、神楽殿、神幸殿、双龍門、随神門といった場所が国の重要文化財です。
他にも天然記念物の杉が立っており、神社には見所がたくさんあります。

榛名神社に行くには

榛名神社へは、公共の乗り物で訪れる際には電車とバスで向かいます。
電車はJR高崎駅が最も最寄りであり、そこからはバスで向かう必要があります。
高崎駅から群馬バスに乗り70分ほどで神社に到着します。

車でも訪れることが可能です。
その際には関越道の高崎インターから車で70分ほどかかります。

榛名神社を参拝する

榛名神社は本殿までの距離もありますし、当然のことながら階段も多くあります。
そのため、参拝の際には、履き慣れた靴やスニーカーで行くことが望ましいといえるでしょう。

神社の入り口には随神門という門があります。
1847年に建立されたものであり、元々は仁王門でした。
しかし、神仏判然令が出された時から名前が変わっています。

門のすぐ右手には七福神の一人である寿老人像があります。
長寿の神様ですから、手を合わせパワーをいただきましょう。

ここから参道への道はずっと自然豊かな場所です。
ここは歩いているだけで、マイナスイオンを全身に浴びながら癒されるためおすすめです。
また、この途中には行者渓や瓶子(みすず)の滝のようなパワースポットもあります。
時間があるならば、ぜひ途中で足を止めて自然を感じたりパワーを感じたりしましょう。

その中でも必ず立ち寄りたいのが、矢立杉という場所です。
この杉は、かの武田信玄が戦勝祈願のために、境内の木に矢を射る神事を行った杉と言われています。

また、本殿に到着したら、必ず見学しておきたいのが御姿岩という場所です。
本殿と岩戸が寄り添うように接しているという他のところではあまり見かけない光景を見ることができます。
岩の中にある洞窟を神聖な本殿としており、中にはご神体が祀られています。

Prev Next