巫女のアドバイス

初めて巫女さんの体験をするなら覚えておきたい

意外と若い女性に人気があるのが、巫女さんのバイトです。
私は神社が実家ですので、忙しい時などは当然のようにお手伝いをしていますが、年末年始や例大祭など、忙しい時期にはバイトを募集しています。
すると、すぐに応募があってたくさんの人が申し込んできます。

そして、個人的にどうして巫女さんのバイトを申し込んだのか聞いてみると、巫女服がかわいいからとか、他にはない体験ができそうで楽しいからといった返事が返ってきます。
意外と巫女さんのバイトは人気なようで、楽しい気持ちで皆さんやってきます。

仕事の内容は、お札やお守りを授けるのが多いので、やっていることは一般の接客業と変わらないように見えるかもしれません。
しかし、巫女さんは物を売って仕事をしているわけではありません。
神様への奉仕をして、その中で参拝者に神様のご利益を分け与えられるようにしているのです。

このように、仕事しているという感覚ではなく、神様への奉仕であるという認識を持つのが大切かなと思います。
初めて巫女さんを体験するのであれば、この意識を持っているとすんなり奉仕ができるかと思います。

巫女さんならでは注意点も覚えておく

臨時で巫女さんの奉仕をすることがあるのは、年末年始が圧倒的に多いかと思います。
やはりこの時期は、お参りに来られる方が一年の中でも一番多いので、神社が賑やかになるからです。

そのため、巫女さんは防寒対策をしっかりと取る必要があるでしょう。
下が石の地面ですし、足袋に草履という出で立ちが多いですので、足下からかなり冷えてきます。
しかも、動き回ることはあまりなく、同じ場所に立って参拝者のお世話をします。

巫女服はあまり厚手の生地ではありませんので、下にスパッツやカイロ、ヒートテックを着るなどして、保温に心がけるようにします。
かといって、巫女服は下にいろいろ着込んでしまうとそのラインがもろに出てしまうので、何枚も重ねて服を着るというのも難しいものがあります。
足下を中心にしっかりと温めるのが肝心かと思います。

せっかくの機会なので神社について学ぶ

巫女さんの体験をするというのは、人生の中でもそんなにたくさんあるわけではないと思いますので、せっかくの機会を活用したらいいかなと思います。
日本人の宗教である神道ですが、普通に生活しているだけでは、意外と神道について知ることはないかもしれません。

巫女さんをするのは良い機会ですから、宮司さんや先輩の方にいろいろ聞いてみるのも楽しいと思います。
神社にまつわる言い伝えなども聞くと、なるほどというものがあって、興味深いと思いますよ。
また、日常生活に神道の考えが入りこんでいるのを知って、気持ちが新たになるかもしれません。

 

Prev Next