塩とお清めの話

塩は清めに利用した

生きていくために必要不可欠な塩、これがないと人は生きていくことができません。
水と塩があれば人はかなり長く生き延びられるといいます。
世界には塩にまつわる話がいくつも残っているのですが、キリスト教の旧約聖書の中には、あなたがたは地の塩であるという話がありますし、日本の古事記という書物にはイザナギノミコトが黄泉の国で妻の腐敗した姿を見て、逃げ帰ってきたとき、海水でみそぎを行ったという話が伝わっています。

日本では、よくないことがあると塩を利用します。
天災、病気、事故などが続くとき、目に見える形の払いとして、塩を利用するのです。
地鎮祭で盛り塩が利用されるのも、塩が城下の力を持っているからです。

中国でもある清めの文化

日本では店先に塩を盛る文化がありますが、実は中国にもこの文化があります。
1300年ほど前、晋の時代に、始皇帝が牛車にのって後宮を回っていたのですが、人々は始皇帝が自分の家の前を素通りしないで止まってくれるようにと、牛が好きな塩をまいていたという話が残っています。

この話から客を呼びたい時、店先に塩を置くようになったといわれているのです。
また風水においても、福を呼ぶという事で盛り塩を行うことを提唱する専門家が多いといいます。

腐らせないために利用する

塩は日本でも古くから、塩漬けや干物などの保存食を作るときに利用されてきました。
こうした保存食を作るときにも欠かせない塩は、化学的な面から見ても、物を腐敗させないという事があり、法律では塩の利用によって賞味期限の設定が免除されている食品もあります。

腐敗させないという観点からご遺体の腐敗を進行させないようにという事でも、塩が利用されていました。
これについては、不浄なものを清めるという習慣があり、数日前まで生きていた人でも、不浄なものと考えるのはどうなのかと疑問がわきます。
親しい人が亡くなった時、玄関で清めの塩をまくという習慣も、なんだか亡くなった人に対し、失礼というような気もします。

宗教では汚れをはらうという意味で塩を利用する場合と、使用しない場合があります。
漢字で書くと穢れという言葉になりますが、言葉の意味から考えると、気枯れという事になるのでそうです。
つまり、人がお亡くなりになって、気持ちが枯れてしまうくらいに悲しむ、でもその気をいつか取り戻さなくてはならない、だからそこで、お清めの塩を利用するという考え方があるのです。

こうした話を知らずにいると、なんだか亡くなった人がかわいそうという気持ちになりますが、実は、早く立ち直ってくれるようにという願いが込められたことなのです。
盛り塩にしても、お店に邪気がはいってこないようにという意味があるのだと思っている人が多いともいますが、お店に沢山お客さんがはいってきてくれるようにという願いがあるとは、びっくりです。

Prev Next