参拝方法の話

知っておきたい参拝の仕方

社会人になると何かとお参りする機会って多くなるものです。
会社によってはお正月、神社にいって商売繁盛の御祈願を社員で受けるという事もありますし、結婚すれば家族そろって近所の神社にお参りに行くこともあります。
子供ができるとお宮参り、七五三等のお参りを行うことになるので、何度も何度も神社に行くことがあるのです。

そんなときふと、お参りってどうやってやるんだろう?と不安になる方も多いでしょう。
ただお賽銭を投げ入れていい加減に手を叩いてお祈りをすればいいという事ではないのです。
参拝の流れをしっかり知っておくと恥をかかずに済みます。

参拝ってどうやるの?

鳥居をくぐる前に衣服をしっかり整えて、軽く会釈をいて鳥居をくぐります。
鳥居をくぐったらその先は神様の領域なので、神聖な気持ちを持って進みましょう。
参道の真ん中は神様の道、人は参道の真ん中ではなくはじをすすみます。
手水舎で身を清めます。

ここで俗界の穢れを払い神様のいる本殿に向かいます。
神前に進んだら軽く会釈をして、賽銭箱にお金を入れて二拝二拍手一拝します。
最後に軽く会釈を行って退きます。

手水の仕方

手水舎は鳥居をくぐり参道のわきにあります。
参拝される方が身を清める場所です。
ここでは手と口を洗います。

手と口を洗うことで心も清めるという意味を持っているのです。
先ず右手に柄杓を持って水をくみます。
一連の流れをこの水一杯で行うのでなみなみ入れましょう。
左手の方が不浄とされるので、先ず左手に水をかけます。

そのまま柄杓を左手に持ち替えて右手にかけます。
右手が終わったら右手に柄杓を再度持ち替えて左手に水を受けて、口に運び口を清めます。
絶対に柄杓からそのまま水を口にしないようにします。

口が終わったら左手に再度水をかけて、両手で柄杓をたて、柄杓の柄に水をかけて清めます。
柄杓をもとあった場所に伏せておきます。

二拝二拍手一礼

拝殿の正面で軽く会釈し、賽銭箱にお金を入れます。
二拝とは頭を深く下げてゆっくりとお辞儀をすることです。
これは神様への敬意を表します。

二拍手は2回の拍手です。
胸の高さに手を合わせ、右手を少し下にずらし二拍手、指先をしっかり合わせ祈りを込めてから手を下します。

最後に一拝、深く1回お辞儀をして拝殿の前から後ろに下がり、軽く会釈して終了です。
こうした参拝の仕方は、神社によって違うところもありますが、通常この方法で行うことが多いです。
おぼえておくと七五三等の際にも恥をかくことがありませんし、お子さんたちにもしっかり伝える事ができます。
心を込めて祈りを込めて神様にしっかりお祈りするためにも、こうした参拝のマナーも心得ておくべきでしょう。

Prev Next