七福神の話

神道という宗教

日本人は今、無宗教という人が多くなっていて、世界各国のように宗教の事で争い、諍いが起こるという事もなくなっています。
葬儀を行うときなど、仏教式で行うことが多い日本ですから、仏教に関しては少し知識があるという人もいますが、その昔、日本には神道という宗教があったという事はご存知でしょうか。

自然にあるあらゆるものに神が宿るという考え方です。
その後、仏教伝来などもあり、神仏習合という日本独自の信仰形態になっていったわけですが、そういえば、おばあちゃんなどが、海にも山にも食べ物にも神様がいて、いつもその神様があなたを見ているのよと話をしてくれたことがあります。
こういう考え方がきっと、神道なのでしょう。

仏教が成立する以前にも、インドに存在したヒンドゥー教等の神様を仏様化して取り入れてきています。
日本は仏教以外、中国より伝来した道教という要素も含んでいるので、こうしたことがあって、七福神が登場したのです。

様々な宗教が入り混じっているという事の証拠に、インドの神様の仏様、道教の神様などが入り混じっています。
また七福神のコースについても、神社以外、お寺さんも含まれているので面白いところです。

七福神とは

恵比須神は日本の神道の神様で、イザナギ、イザナミの子供の出る蛭子だといわれています。
ある事情から海に流され海からやってくる神、恵比須と同じとされていますが、元々は全く違う神様です。

大黒天は仏教を守護する神様で、梵天や帝釈天と同じ、天部と呼ばれる仏様です。
インドで仏教が成立するずっと以前から信仰を集めていた土着の神様が、お釈迦様に諭されることで仏教に改宗したという話が残っています。

大黒天はヒンドゥー教の3人の神、シヴァ神で、怒りの表情をした怖い顔の神様でした。
大黒の黒という文字が暗黒という意味を持っていて、日本の神様である大国様と発音が一緒という事で同一とされ、やがて福の神に転じたものです。
布袋尊は中国の実在していた僧侶で、でっぷりとしたお腹、にこやかなお顔、その姿が印象的な神様です。
袋を担ぎ諸国をめぐるという砂州来の型で、人々から施しを受けてそのお返しに雨を降らせたり、吉兆を占っていたといいます。

毘沙門天は仏教の守護神で、仏教界の四方を護る四天王です。
四天王の中で毘沙門天は多聞天と呼ばれていますが、毘沙門天単独で信仰されている事もあります。
この場合、商売繁盛の神様です。

弁財天も仏教の守護神で、元々はヒンドゥー教の女神サラスヴァティーです。
学問と芸術をつかさどる神様として知れ弁天と書かれることもあります。
学期を持つ姿が印象的なのですが、才という字が財に変わり財宝をもたらす神様となったものです。

福禄寿は中国の道教の神様です。
土着宗教の道教の中で福禄寿は幸福と財産、長寿をもたらす神様です。
この三つがそろえば人生は安泰といわれます。

寿老人も中国の道教の神様です。
神様でありながらお酒が好きな神様で、南天にある老人星という星の化身であるとも言われます。

Prev Next