お守りの話(*・v・)

神社といったらお守りが欠かせない

神社にお参りに行ってすることと言ったら、おみくじを引くこととともに定番なのが、お守りをいただくことでしょう。
神社でお願い事をするときは、家内安全や商売繁盛などのお願い事をしますが、その助けとしてお守りがありますし、常にお守りを持ち歩くことでその力をいつも側に置いておけます。

また、神社ごとに特色あるお守りを提供していますので、そういった違いを見ながら、自分に合ったものを選ぶのも楽しいですね。
定番の家内安全や安産祈願などの他に、受験合格を祈るためのもの、恋愛成就を促すものなど、たくさんの種類がでています。

こうしたお守りを求めるようになると、次第といろいろなお守りがたまってきます。
また、だんだんと古くなってきて、汚く見えるものもどうしてもでてきてしまいます。
このような場合に、どうやってお守りを処分すれば良いのでしょうか?

基本的には神社に返すのが良い

お守りの有効期限のようなものはありませんが、ずっと長く持ち続けるというのも、汚れや摩擦によって力が薄れてきてしまいますので、ある程度の期間で処分するのがいいですね。
決まった期間はありませんが、一年毎に新しいものにするのがベストだと言われています。

では、どうやって古くなったお守りを処分するかというと、基本としてはお守りを求めたところに返すということになります。
近所の神社であれば、簡単に行けるので返すのも楽ですね。
年末年始の時期には、焚き上げの祭りをすることが多いと思いますので、その際に一年間の感謝を感じつつ、焚くのがベストでしょう。

年末年始でなくても返すことができて、神社でも受け付けてくれます。
境内に、「古札納所」とか「焚き上げ」という説明がある場所に返すことができます。
たいてい、箱などが置いてありますので、そこに入れるといいですね。
そして、一年間自分を守ってくれたことを感謝する意味でも、お賽銭をしてお参りしていくのがベストです。

遠くの神社でお守りを求めた場合にできること

近くの神社でしたら、すぐにお守りを返すことができますが、旅先などで求めた場合は、そう簡単に行けないかもしれません。
まさか、ゴミ箱に捨てるわけにはいきませんが、困ってしまうこともあるでしょう。

遠くの神社でお守りを求めた場合は、郵送という手段で返すこともできます。
お守りと一緒に、返す旨の説明を書いた紙を封筒などに入れて送れば、受け取った神社は理解して焚き上げをしてくれるでしょう。

また、近所の神社にお守りをお願いすることもできます。
その際も、「焚き上げ」の箱などに入れておくことができますので、加護があったことの感謝を忘れずに、お参りをしていきましょう。

Prev Next