破魔矢の話(*・v・*)

正月アイテムとして欠かせない破魔矢

年末になると、正月に必要なものを買いそろえることになります。
たくさんの、いわゆる正月用品がありますので、何を買ったらいいか分からなくなってしまうこともありますね。
門松やら鏡餅やら、いろいろな縁起物がありますが、忘れてはならないものの1つに、破魔矢があります。

年末の買い物でそろえることが多い破魔矢ですが、最近では以前のように破魔矢を求める人がすくなくなっているようです。
でも、破魔矢は昔から正月に欠かせないものとして用いられてきたアイテムですので、なぜ破魔矢を正月に家に飾るのかなどを思い起こして、その習慣を取り戻すのは大事かなと思います。
少しずつ、日本古来の習慣や文化が失われていますが、日本人にとっては正月は特別の時ですから、やはりそれを続けていきたいですね。

一年を占う的を当てるための矢だった

昔、一年の初めには、破魔という的を当てる儀式を行って一年の豊作や安全を占っていました。
地域ごとにその的当てをして、それに勝ったところがより良い一年を送ることができると考えられていたのです。
その的である破魔を射貫く矢のことを、破魔矢と呼んでいたのです。
流鏑馬のように、昔は矢を射ることは大事な神事だったのですね。

そして、破魔矢という字からも分かるように、この儀式は邪気を払い、悪い霊をなくすという力を持つと信じられていました。
そのため、この魔力を払う矢を飾ることで、家全体が守られるとされるようになったのです。

現在でもその習慣が生き続け、年末の酉の市などでは、熊手とともに正月に向けて求めるアイテムの定番となっています。
一年間、お家を守ってくれるわけですから、とても大事なものですね。

家のどこに破魔矢を置いておくか

求めたものの、いったいどこに破魔矢を置いておけばいいかとなると、困ってしまうかもしれません。
というのも、最近は神棚を置いていない家が多いからです。
神棚が家にあれば、そこに一緒に置くのが普通で、悪い霊を払うという力を十分に発揮できます。

もし神棚がないのであれば、場所にこだわらず置いて大丈夫ですが、やはり人の身長より高いいところに置くのが良いでしょう。
そして、奥まった部屋などではなくて、人が集まるリビングや和室などに置くようにして、破魔矢本来の力が行き渡るようにしたいですね。

そして、一年が経ったら、求めた神社に奉納するのが普通です。
また、焚き上げをするところもありますので、一年前の破魔矢を焚き上げして、次の年の新しい破魔矢を求めるというサイクルを取るのがベストですね。
こうして、常に家を守るアイテムが置かれることになって、安心して毎日の生活を送れるようになります。

 

Prev Next